作業療法士の資格と仕事

作業療法士の資格と仕事トップ > 勉強するときは多くの感覚を使うのも有効!

勉強するときは多くの感覚を使うのも有効!

勉強をするとき、大抵は勉強する対象となる教科書なり参考書があると思います。まずは、内容を理解しようと、視覚を使っての「読む」作業は誰でもすると思います。許される環境にあるのならば、声を使って「音読する」作業も有効だと思います。「音読する」のが難しい環境ならば、「読み」ながら、大切な単語や新しく覚えた言葉を文字として実際に「書く」という作業も役立ちます。勿論、「音読」しながら「読み」、そして同時に、大切な言葉を自分の手で「書く」という作業も自分が書いた文字が視覚に焼きつき暗記する上で役立ちます。可能な限りの自分の五感を使って、勉強していくことは人間の脳に刺激をそれだけ多く与え、シナプスの活動を活発化させるのでお勧めの勉強方法だと経験者である私は痛感しております。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.