作業療法士の資格と仕事

作業療法士の資格と仕事トップ > 作業療法士の勤務形態

作業療法士の勤務形態

作業療法士の90%が医療機関で次いで福祉・保健関係ですね。
治療や援助をする臨床の分野での仕事です。


勤務時間も8:30から17:30の8時間勤務の昼間ですね。
どの分野の機関でも昼間に行っているためです。


医療や福祉の分野では、決まった時間帯で仕事ができるのは
理学療法士と作業療法士など、数少ないですね。
規則正しい生活が送れます。

ただし、状況によって時間帯は変わりますし増えます。
施設によって当然違いがありますから


急患の治療が入れば、もちろん準備から手配までしなくてはいけませんし
普段の勤務でも事務処理や作業療法をするのに、データや問題の整理


他の専門職の人との打ち合わせやデスクワーク、自助具の工夫、考案から
作成までありますし、人によっては実習生の指導もしなくてはなりません
時間外労働、残業があるわけです。


そのためやはり9割の作業療法士が常勤で働いています。

中には、非常勤でかけもちをしている人もいます。
それは、いくつもの施設で働いていたり養成校で講師
をしている人もいますね。


休日に関しても休みは、もちろんありますが、施設によって
異なりますね。


病院、福祉施設、介護福祉施設など、働く機関で休日が
決まっていたり、休日でも出ないといけない場合もあります。
盆、正月も同様ですね。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.