作業療法士の資格と仕事

作業療法士の資格と仕事トップ > 知的障害福祉施設

知的障害福祉施設

知的障害援護施設には、知的障害者施設があり18歳以上の
人が対象になっていて生活に必要な訓練をします。


知的障害者授産施設は18歳以上で就職が難しので、訓練をしながら
施設で働いて作業から収入を得ています。


他には、知的障害者通勤寮、知的障害者福祉ホーム、知的障害者福祉工場
などがありますね。


また、子供のための児童福祉施設があります。
子供なので長期的な視野で発達と自立を援助し見守っていきます。


知的障害児施設では、保護者がいなかったり、家庭で適切な
保護が受けられない児童に、将来自立した生活が送れるように
介護、介助、生活指導、治療、訓練、作業指導などを行います。


知的障害児通園施設は、子供が将来の自立に向けて親元から通園させて
介護、介助、生活指導、治療、訓練、作業指導などを行っています。


学齢期になると養護学級や特殊学級に進むため、就学前の幼児が多いですね。


肢体不自由児施設は、手足に障害をもっていて長期的に治療と訓練が
必要な子供のための施設ですね。


医師や看護師の医学的面からと作業療法士や理学療法士の機能訓練の面、
保育士や児童指導員の生活面の訓練などをしています。


状態にあわせて、入所もできますし通園もできますね。


重症心身障害児施設は、重度の知的障害や肢体不自由を持っている子が
治療をしたり機能の回復、能力の活用、生活指導、情緒面を訓練します。


心身障害児総合通園センターでは、障害の早期発見、早期治療や
相談、指導、検査、診療、判定をしています。


障害に応じた療育訓練を行いますね。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.