作業療法士の資格と仕事

老人福祉施設

社会福祉施設の対象になっている人は、身体障害者、高齢者、
知的障害者、精神障害者、子供などに生活の自立を促したり
社会に参加できるための機能訓練や職業訓練をしています。


福祉施設には、介護老人福祉施設で特別養護老人ホームや
通所介護施設でデイサービス、デイケアと呼ばれている所、
養護老人ホーム、軽費老人ホームなどがありますね。


これらの施設では、機能回復以外にも機能維持や機能低下の
予防のために、作業療法士がいます。


介護老人保健施設には、作業療法士か理学療法士の
配置が義務づけられています。


医療と福祉の両方の面をもっていますが、身体の状態が安定していて、
治療よりは介護や看護の面が大きいですね。


老人訪問介護ステーションは、寝たきりの人など、家で療養
している人が対象で、作業療法士などが家を訪問します。


主治医の指示がないと利用できませんね。


介護老人福祉施設別名で特別養護老人ホームとも呼ばれていますが
ここでは、65歳以上の心身に障害があって、寝たきりや痴呆症など
常に介護が必要な高齢者が対象になっています。

食事、入浴、排泄などの日常生活における介護です。


地域の高齢者や在宅要介護高齢者に、通所介護のデイサービスや
短期間の入所をするショートステイもありますね。


養護老人ホームは、経済的に苦しんでいる65歳以上で
自宅で介護が難しい人を対象にしています。

ただし、入所するには行政の判断が必要になってきますね。


軽費老人ホームは、安い金額または無料で利用できる施設ですね。
種類が分けられており、給食があるのと自炊で違いがあります。


老人デイサービスセンターは、日帰りで利用できる老人ホームですね。
送迎、食事、入浴などのサービスがあります。


家族の介護の負担が、少なくなりますね。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.