作業療法士の資格と仕事

医療施設

ほとんどの作業療法士が、病院や診療所などの医療機関
で働いています。


医療機関とは、規模や性格によって違いがあります。


入院できる病床が20以上ある所を、病院といい
19以下かもしくは病床を持たない、医師や歯科医師の
いる所を診療所といいます。


他には、特定機能病院といって病床が500以上で、
集中治療室、無菌室、医薬品管理室などがある高度な医療技術が
ある所で、厚生大臣の承認がある病院ですね。

国立がんセンターや大学病院などです。


療養性病院群は、長期間療養するための施設ですね。
介護保険法で、介護療養型医療施設といわれています。


病気の症状には、三段階の病状期があって病気やケガを
した時に手術などをして治療を行っているのを、急性期といい、


入院中などを回復期、退院後を維持期といいます。


作業療法士が担当する時は、回復期以降が多いと思いますが
状況によっては、急性期の治療中に理学療法士と共に
役割を分担してリハビリをすることも多々あります。


治療が終わった後は、寝たきりなって身体を動かせないので
機能が低下してしまう廃用性症候群というのを、防ぐにも
リハビリを始めるのは早いほどいいということです。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.