作業療法士の資格と仕事

養成施設

教育分野において作業療法士の場合は、二通りあります。

ひとつは、子供達がいる幼稚園や保育所などで障害児教育を、
している所か肢体不自由児、知的障害児などの養護学校で、


学校教育を受けている子に、生活指導から訓練をして
日常生活や将来、社会生活が送れるように援助します。


もう一つは、作業療法士になろとしている学生に後進の指導

作業療法士を育成するために養成学校などの
大学、短大、専門学校で教員になることです。


教員になるには、臨床経験を5年以上積んでいないとなれませんし
それか研究者として実績があるなど、知識と技術が必要です。 


職業訓練で授産所や共同作業所がありますが、ここでは
対人関係や役割の意識、生活習慣といった基本的な能力を
身につけるように訓練します。


身体障害者授産施設や知的障害者授産施設、精神障害者施設です。


共同作業所では、内容はそれぞれ作業所によって違いますが
手工芸品を製作したり、清掃活動や畑などで農業作業などがあります。


年齢層も幅広く義務教育が終わった子から高齢者の人までですし
持っている障害も知的障害、精神障害、身体障害と
一緒に作業をしています。


こういった作業から意欲を引き出したり、自立した生活を支援します。


作業療法士として働くには、収入や待遇は期待できないですね。
こういう事業体は経営が大変なためです。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.