作業療法士の資格と仕事

作業療法士の資格と仕事トップ > 作業療法士の仕事

作業療法士の仕事

作業療法士の仕事は、医療関係か福祉関係の施設に
なります。


仕事の流れとしては、医師の指示を受けて、作業療法を
検討します。(処方)


患者の状態を、検査、測定をして状況を把握します。
それから家族や医師、理学療法士からできることとできないことの
情報を集めます。(評価)


看護師や臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなどの他の専門職も
含めた会議を行い、治療内容の計画を立てていきます。


治療の目標と具体的なプログラムを作成したら、その計画にそって
治療をして、必要に応じてプログラムを修正します。


医療のリハビリテーションでは、失った機能の回復と
残っている方の機能を訓練することで、日常生活を送るための
リハビリです。


職業的リハビリテーションでは、病気やケガで障害ができた人を
職場復帰できるように、支援します。


社会的リハビリテーションでは、家庭や社会で活動できるように
障害を軽減させたり、解消を目的としています。


教育的リハビリテーションでは、心身に障害を持っている
子供の自立や発達に合わせた社会生活に必要なことを訓練
していきます。


一言にリハビリといっても作業療法士のする範囲は、広いですね。


患者が社会復帰するまで、見守ることになるでしょうから
長期間におよぶでしょう。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.