作業療法士の資格と仕事

作業療法士の資格と仕事トップ > 作業療法士の資質

作業療法士の資質

作業療法士の仕事をする上で必要なのは、人間性と
コミュニケーション能力、そして体力が上げられます。


技術が優秀だけでは、作業療法士は務まりませんね。


患者が、自立しようと思う気持ちを引き出さないと
どんなに訓練しても、よくなってこないということです。


それでなくても病気や事故で、ショックを受けて
いるのですから、相手の立場になって話をしていかないと
前向きな気持ちにはなれないでしょう。


気持ちを引き出すために、豊かな心を持って接します。


コミュニケーション能力は、相手と信頼関係を築くために
重要になってきます。


コミュニケーションは、患者や家族以外にも他の専門職との
人たちと取って治療を行いますから重要ですね。


作業療法の中には、手芸、工芸、編み物、陶芸などありますが
作業療法士が手先が器用で、これらが出来ないといけない
わけではないですね。

まったく出来ないよりは、少しは出来た方がいいでしょうが


作品のを作るのが、目的ではなくその作業を行って、治療に
どういかせられるかが、問題になってきます。


作業療法は、医療の現場でもありますから常に進歩しています。
最新の情報に目を向けて、新しい技術や知識を身につけて
いかないといけません。


毎日、何人もの患者さんを診たり、他にも仕事をかかえて
忙しい日々を送りますから、体力が必要です。


人と接することが好きであることも大切なことですね。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.