作業療法士の資格と仕事

作業療法士の資格と仕事トップ > 作業療法士について

作業療法士について

作業療法士というのは、1965年(昭和40年)に国が
「理学療法士及び作業療法士法」によって、医療の専門職
として作業療法士と同時に制定されました。


1942年には、アメリカの評議会で「障害を受けた者を
彼がなしうる最大の身体的、社会的、職業的、経済的な
能力を有するまでに回復させることである」と定義しています。


WHO(世界保健機関)でも1981年、リハビリテーションは
障害者の社会的統合をめざすあらゆる手段を含むものであると
定義してます。


障害の軽減、残されて機能の訓練、社会復帰、人間としての生活を
送れるようにする。
これらすべての支援をリハビリテーションといいます。


リハビリテーションとは、社会に復帰させるとか正式に復権、復帰
させるといった意味があります。

適した状態でないのを、もう一度適した状態に戻すことをいいます。
ふさわしい状態ともいいますね。


日本で最初に作業療法士が、生まれたのが1966年です。
このとき22人の作業療法士がいました。


この年に初めて、作業療法士国家試験が行われたのです。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.