作業療法士の資格と仕事

作業療法士とは

作業療法士は、リハビリテーションの専門家です。

リハビリでも理学療法士が、手足を動かしたり
歩いたり座ったり、基本的な動きの訓練をします。


作業療法士は、基本的な動きの訓練を終えて
回復してきたら、応用的な訓練をして
生活が送れるように、もっていきます。


手芸や工芸、家事など作業をするための動きを
して自立した生活ができるようにします。


肢体不自由児や身体障害者、精神障害者、高齢者など
障害があっても生活に必要な身体機能の回復と

回復できなかった機能があっても、失われていない
残っている方を活用していきます。


残っている方も使っていないと、その機能も
失われてしまう恐れがあるためですね。


障害をもっているのは、子供からお年寄りまで年齢層に関係なく
病気やケガによる障害で


脳卒中、脳性マヒなどで身体障害、知的障害、発達障害、精神障害
症例はさまざまあります。


そんな原因で、食事、着替え、トイレ、入浴など日常生活を送る
動作を訓練、援助、指導して、障害を持ってもその人なりの生活を
送れるようにサービスを提供します。


作業療法士について
作業療法士の職場
作業療法士の生活環境
作業療法士になるための目標設定
お役立ち
©Copyright 2015 作業療法士の資格と仕事 All right reserved.